【緊急コラム】⇒ 包茎クリニックの料金に騙されるな

刺激に弱い仮性ちゃん。

平均的な時間ってのがどれくらいなのかは、統計とるわけにもいかない分ちょっとわかんないですよねー。

ようは、男性的には長ければ長いほど自信に繋がると。女性にしてみれば、あまりにも長すぎると苦痛になっちゃいますし、疲れちゃいますから適度がいいんじゃないかと。

仮性の男性が治療するかどうか悩むのは、得てして時間が起因することが多いみたいですね。早いのは恥、という意識が一般的ですし。その気持ちわからんでもないけどね。

そもそもどこからが仮性なのかってのは意外と曖昧な部分もあるかもしれませんね。正常と仮性の境目ってのは難しいものです。

いわゆる一物が平常時。その平常時に亀頭部分が露出していないけれども!全開に勃起した際にはムキムッキーとなっているのであれば仮性といっていいみたいですヨ。まあ剥けた時に痛みがあるなし、も結構なポイントかもしれません。

かなりの痛みを伴うのであれば、仮性であっても重度であったり、もしかすると真性やカントンなんだけど見栄はって無理矢理剥いてるだけかもしれませんしね。

仮性は他の包茎に比べて、通常生活や性交渉においての負担が少なく、そうであるが所以に治療を決断する人も少ないのでしょう。しかしデメリットが無いわけではありません。先述の通り、早漏がちになってしまうのは、平常時に亀頭が露出せず皮が被っている状態の為、刺激に耐性が無い為でしょう。

だから性交渉の時のように、外部からの刺激に敏感に反応しちゃう。その点をどう問題としてとらえるかどうか。日本人男性には特に多いとされる仮性包茎。昨今草食系男子って言われちゃうぐらい控えめな男子が増えてるのって、意外とそういった部分で自信がもてないからかもしれないって勝手に想像しちゃってました。

ともあれ、可能性の一つとして。仮性包茎であっても、そっちの方に自信がないなーって悩んでるのであれば、なんらかの治療を考えてみるのもいいかもしれませんね。その程度に悩めるのも仮性包茎の特徴かもしれないですネ。



【緊急コラム】⇒ 包茎クリニックの料金に騙されるな

TOPPAGE  TOP 
フィード