【緊急コラム】⇒ 包茎クリニックの料金に騙されるな

真性の悩みは深い?

本当の悩みって、やっぱり当の本人にしかその苦しみはわからないんだと思います。いくら周辺が気に掛けてやっても、他人は他人。本人にしか本当の苦しみはわかりません。

真性包茎についての悩みです。私には客観的な事は言えても、やはり客観的でしかないわけで、どうしても他人事になっちゃいますね。仕方がありません。

そもそも、真性包茎とはどんな包茎なのかってことから抑えていかないと、女性なんかはもしかすると全然わかんないかもですね。よく御存じの女性もいますけどねー。

真性は、仮性と違って常に亀頭が隠れちゃってます。まあ無理矢理しちゃえば剥ける事は剥けるらしいのですが、下手すると出血しちゃったりしますし、痛みも結構なものって方もいらっしゃる。

ふつーの時も、おっきくなったときも、自然には皮がムキムキになんないのが真性包茎ってわけです。大きな定義としてはこんなところでしょうかね。

んじゃその何が問題なのか。「別に真性でもいーじゃん」って思ってるそこのアナタ!! 他人事だからそー言えるんですヨッ。

まずは衛生面。換気が悪いというか、常に皮が被ってるもんですから通気性が悪く、匂い的にも菌的にも悪くなりがち。特有の匂いってしますよね。あれがキツ~くなっちゃいます。まあ毎日お風呂で綺麗にとけば・・・って思うでしょうが、それも限界がありますから。

あとは何と言っても性行為についてですかね。耐久性が付いてない分、下手すると痛みで楽しめないって状況も充分にあるんですね。まあ出来ない事はないですし、痛みもないって方もいらっしゃるかも。でも総じていうなれば、衛生面でも女性からは好まれないでしょうし、持久力にも影響してそうです。

早いってつらいですからね。男性的には。

本人がどれだけ悩んでるかがポイントでしょうけど、マイナス面は結構ありますし、そのマイナス面は結構な大きさの気がします。



【緊急コラム】⇒ 包茎クリニックの料金に騙されるな

TOPPAGE  TOP 
フィード