【緊急コラム】⇒ 包茎クリニックの料金に騙されるな

大阪人男性の一般的な悩みっぽい

今の世の中って、ホント便利になりましたよねぇ。ちょっと知りたいことがあったりしたら、いちいち大阪市内の本屋さんや図書館にいかなくても手軽に調べる事ができちゃう。気になる事はとりあえず検索!って時代になっちゃいました。

便利な反面、調べるってことに対する敷居が低くなりすぎて、その過程で獲るはずだった徒労感の末の見つけた喜びってのは無くなっちゃいました。

さて今回調べようと思ったのは、大阪市における包茎の人口。ズバリこれです。なんでこんな事調べようかと思ったのは、周囲に気にする人が結構多くて困っちゃった事が起因。1人や二人なら別にって感じだったんでしょうけどね・・・・さすがに多くて。

となると実際の所「どんだけおるんやっ!」って気持ちになっちゃって。思い立ったら即行動がモットーの私。即座に包茎手術 大阪を調べる事にしました。

まあ結果がどうであれ、こういった数字を知っておくと唯でさえその手の相談を持ちかけられやすい私としては、気休めの言葉にも使えますしね。その数字をどう捉えるかは相手次第ですけど。

かなりの人が包茎では悩んでるそうです。その人口はなんと成人男性の約6割にもなるとか。その中には「仮性」「真性」「カントン」と3種類に分かれると思いますし、実際に大阪の梅田あたりでも本気で悩んでるのはその中でも一部の人たちだとは思いますが。

それにしても結構な数ですよね~。国民病って言ってもいいかもしれない数字に思えます。他の国ってどうなんでしょうかね?少なくともアジア圏内は多そうなイメージがあるのですが・・・。

まぁでも大阪では包茎手術をしたいと考えてる人は多そうですよね。

周囲にこれだけ同じ悩みを持つ人がいるってだけでも少しは気が楽になるかもしれませんが、真剣に悩んでる人からすればどうでもいいって思うかもね。

それにしても一体、どうやってこの数字は調査したんだ・・・・?統計学って一部のデータから算出するらしいから、一定数調査してそれから計算したんだろうけど。「あなたは包茎ですか?」って質問するのか?

それもどうなんだ・・・。



【緊急コラム】⇒ 包茎クリニックの料金に騙されるな

TOPPAGE  TOP 
フィード